フェイシャルエステに通う時注意したいこと

フェイシャルエステに限った話ではないのですが、エステサロンに通う時には注意しなければならないことがあります。
それは、自分は今エステを受けても良い状態なのかどうか?ということ。

 

お肌はちょっとした体調の変化で敏感になり、思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。
そうならないためにも、エステを受ける際は特に自分の体の状態をよく観察しておきましょう。

 

フェイシャルエステの場合に特に気を付けることとして、ひどい日焼けをした、アレルギーやアトピーがある、ケロイド体質であるといった方は、施術を受ける前にサロンスタッフや医師に相談をしましょう。
また、敏感肌の方もピーリングなどで赤みや腫れが出ることがあります。
事前にサロンスタッフへ相談してみましょう。

 

妊娠中もフェイシャルエステであればやってくれるところはありますが、施術に制限がかかってしまいます。
施術によって胎児に影響が出ることはほぼありませんが、妊娠中はホルモンバランスが乱れており、いつものように効果が出なかったり肌トラブルに繋がる恐れがあります。
同じくホルモンバランスが乱れる生理中も、スタッフに相談するか避けた方が無難でしょう。

 

フォトフェイシャルを受けようと考えている方は、持病について確認が必要なことがあります。
てんかん、糖尿病、光過敏症、心臓病などを患っている方は、フォトフェイシャルを受けることはできません。
フォトフェイシャルの光自体は強いものではありませんが、症状を悪化させるおそれがあります。

 

せっかくサロンへ通おうと思っても、思うような効果が出なかったり、健康状態を損なってしまっては意味がありません。
契約してしまってからトラブルになることを防ぐためにも、自分の状態を正しく申告した上で契約をするようにしましょう。