フェイシャルエステのホワイトニングって何をするの?

白く美しいお肌は誰もが憧れるものですが、セルフケアだけではなかなか実現しませんよね。

 

プロにお任せするエステなら…と思っても、実際どういった施術をするのかわからないと、不安も多いもの。
エステサロンでは、美白を目指すホワイトニングとしてどういう施術が行われているのでしょうか?
フェイシャルエステのホワイトニングには、美白成分をお肌に届ける「プラス」の施術と、お肌に蓄積した余分なものを取り除く「マイナス」の施術があります。

 

プラスの施術は、美白成分が含まれているローションや美容液などを使ってマッサージをしたり、その美容液の成分をしっかり浸透させるイオン導入を行ったり、というものが挙げられます。
普段自分で基礎化粧品を使っていても、お肌のバリア機能が美白成分まで阻んでしまい、上手く入っていかないことがほとんどです。
エステサロンでしっかりと美白成分を入れてもらうことによって、メラニンの生成を抑えることができます。

 

マイナスの施術は、お肌の汚れや古い角質を取り除くための物で、ディープクレンジングやピーリングなどが挙げられます。
他にも吸引器や超音波の力を利用して、お肌の汚れをしっかりと落としてくれます。

 

先ほどのプラスの施術をしっかりと生かすにはこのマイナスの施術が非常に大切です。
汚れや古い角質が残ったままでは、いくらいい成分を与えようとしても上手く入っていきません。

 

どちらもしっかりと行うことで、自宅でのケアとは段違いの効果が得られるというわけですね。