こんな時どうする?フェイシャルエステのトラブル対処法

フェイシャルエステに限らず、エステサロンに通おうと思った時に気になることの一つに、トラブルへの対処法があります。
大手であれば特に優良なエステサロンが多く、あまり気にしない方もいらっしゃいますが、トラブルが起こらないとは限りません。
もしエステサロンに通ってトラブルが起こってしまった時、どうしたらいいのでしょうか?

 

まずトラブルとして一番心配なのは、肌トラブルだと思います。
痩身や脱毛でもそうですが、フェイシャルは特に人の目に触れる顔のお肌を施術してもらうもの。
キレイになりたくて通ったのに、万が一何かあったら嫌ですよね。

 

お肌の変化はその時の体調や、個人の体質などが深く関わってきますので、サロン側も100%肌トラブルを防ぐ事は出来ません。
施術を受けて違和感を感じたり、お肌に変化があった時はまずサロンへ連絡しましょう。
お肌に異常があると皮膚科へ、と思いがちですが、その変化がエステを受けたからなのかどうかを判断してもらうためにも、サロンへの連絡を先にした方が良いでしょう。

 

優良なサロンであれば対処方などを教えてくれますし、提携している皮膚科がある場合は紹介してもらえます。
逆に、この時の対応が十分でない場合、そのサロンへ通い続けるのは考え直した方がいいかもしれません。

 

また、肌トラブル以外にも契約内容や勧誘に関するトラブルも考えられます。
もし強引な勧誘を断りきれずに契約してしまった場合、契約後8日以内であればクーリングオフをすることができます。

 

もし8日を過ぎてしまった場合でも、契約書にそういった記載がなくても途中解約をすることができます。
いずれも契約期間が1ヶ月を超え、契約総額が5万円を超えている場合に適用となります。

 

フェイシャルエステは比較手軽なエステではありますが、払うお金は決して安いものではありません。
価格に見合う結果を得てきちんとキレイになるためにも、事前にトラブルへの対処法は調べておいた方がいいかもしれませんね。